髪とミネラルの深い関係

それ、有害金属が原因かもしれません。

古くからミネラルが豊富なワカメなどの海藻は髪に良いといわれますが、近年では「亜鉛には育毛効果がある」という話も広く知られています。

どちらもポイントは“必須ミネラル”。

必須ミネラルとは、亜鉛やカルシウム、鉄など、ヒトが生きていくために欠かせない栄養素。
中でも亜鉛、ヨウ素、鉄などのミネラルは育毛と深い関わりがあります。

「そんなことは知っている、亜鉛のサプリも飲んでたけど、まったく効果がなかった!」という方、もしかすると“有害金属”が溜まっているのかもしれません。

有害金属とは?

有害金属は、生きるために欠かせない必須ミネラルの働きを妨げ、さまざまな病気や症状を引き起こします。
必須ミネラルには、
①エネルギーを生み出す ②骨を作る
③神経の情報を伝える ④筋肉を動かす
⑤酸素を運ぶ
もちろん、生きるために必要なさまざまな役割があります。丈夫な髪を作るためにも欠かせません。
ところが、有害金属が多くたまると、それがうまく働きません。

脱毛で悩む方と有害金属の関係

リーブ21と近畿大学の共同研究によると、脱毛で悩む方の髪の毛には、脱毛の悩みがない方に比べて有害金属が多く蓄積されていることが分かりました。

その有害金属とは、男性の場合、カドミウム、鉛、ヒ素、アルミニウム。
女性では、カドミウム、水銀、鉛、ヒ素、アルミニウムとなっています。

つまり、有害金属が体にたまっていると、薄毛や抜け毛が増える可能性が高いといえるのです。

有害金属を摂らないのは不可能?

有害金属を摂らなければ、薄毛や脱毛だけでなく、さまざまな体への悪影響を避けられるでしょう。
でも、私たちが生活していく中で、有害金属を摂らずにいることはほとんど不可能なのです。

たとえば水銀。
魚介類には水銀が含まれています。とくにマグロなどの大型の魚には多くの水銀が含まれ、厚生労働省では妊婦さんには魚の摂取基準を設けています。
例えばアルミニウム。
アルミニウムは、アルミ缶やアルミホイル、漬け物の色止め剤(ミョウバン)、デオドラントスプレー、パンやお菓子などの膨張剤(ベーキングパウダー)、さらに制酸剤として胃薬にも含まれるなど、生活のさまざまなところで利用されています。

さらに、大気や水にまで含まれている有害金属を完全に排除することは、ほとんど不可能といえるでしょう。

有害金属の排出をうながす

どうしても体内に入ってしまう有害金属。
そこで大切なのが排泄する力です。

有害金属は、体の必須ミネラルが足りないと、そこに入り込みます。
つまり、必須ミネラルを過不足なくきちんと摂ることがとても重要です。
さらに、排泄(デトックス)に効果的な栄養素を摂ることにより、有害金属の影響を大きく減らすことができるのです。

自分の体にも有害金属がたまっているのか?

有害金属が体にない人はいません。
でも、Aさんは水銀がたまっている、Bさんは鉛とアルミニウムがたまっていると、その種類は人によりさまざまです。

自分の体の中で
◎必須ミネラルは足りているか(過剰ではないか)?
◎有害金属がたまっているか?

まずは、これを知ることから始めましょう。

まずは、毛髪ミネラル検査でじぶんのからだをチェック!

有害金属の蓄積度と必須ミネラルバランスが分かります。
今の自分に足りない栄養素は何か?どうすれば溜まった重金属を排泄しやすくなるのかというアドバイスまでしっかり記載されています。
検査結果に基づいた『栄養アドバイス』もついてくるので、食生活を改善するガイドにしましょう。検査結果には、あなた専用のアドバイスが満載です。

ら・べるびぃ予防医学研究所

検査機関はら・べるびぃ予防医学研究所。
ら・べるびぃ予防医学研究所の毛髪ミネラル検査は、東北大学加齢研究所や慶應義塾大学病院、東京都医学総合研究所など大学や公共の研究機関でも使われています。
2017年までの検査実績数、15万件、全国で900を超える医療機関で利用されている信頼の検査です。

Ad

最近の記事

  1. 関東

    千葉市で育毛クリニックや育毛サロンを探している方へのおすすめ情報
  2. 関東

    鎌倉市で育毛クリニックや育毛サロンを探している方へのおすすめ情報
  3. 北海道

    おすすめ商品
  4. 中部

    名古屋市で育毛クリニックや育毛サロンを探している方へのおすすめ情報
  5. 関東

    入間市で育毛クリニックや育毛サロンを探している方へのおすすめ情報
PAGE TOP